エスライズエージェンシーではマンション経営のサポートを行っています

エスライズエージェンシーではマンション1室から手軽に賃貸経営が行える手伝いをしています。一棟全てを経営するのではなく、その中の1室を購入して賃貸として部屋を貸出す方法です。エスライズエージェンシーでは購入されたオーナーとなる人の手間を省き、この経営で煩わしい、面倒と感じる部分である賃貸管理業務も代行しています。長年不動産業を行ってきた上で得た知識やノウハウを活かして購入者にとって有益となる情報やサービスの提供を行っています。確定申告や税務等のコンサルティングやサポート等多くの面で良いパートナーでいられる様に努め、長い付き合いが行えていく様に信頼を大切にしている会社です。

エスライズエージェンシーではマンション価格の低下、金利の低下が世間でいわれている中で、家賃相場は安定している背景から、マンション経営を購入者に進めており、この経営方法は年4から5パーセントの利回りを行える商品となっています。多くの金融商品の中でも高利回りとなっているマンション経営は安定していて有利な資金運用方法であると言えます。
エスライズエージェンシーの賃貸経営の考え方は部屋の得上がりを期待するという以前の不動産投資とは異なり、「利回り」という発想での不動産投資を考えています。立地条件、賃貸利用率が高いワンルームタイプを中心に販売を行っており、多くの物件を用意しています。節税対策としては賃貸経営を事業として申告すれば不動産所得に関わった経費であるローンの支払利息や建物の減価償却費、管理費等が必要経費として認められ、賃貸所得から差し引くことができます。さらに、不動産所得に赤字が生じた時は給与所得やその他の所得と損益通算をすることで、所得税、住民税に節税効果がみられます。サラリーマンの方だけではなく、自営業、事務経営されている方でも確定申告を行えば同様に節税効果が得られます。
エスライズエージェンシーの賃貸方法は金融資産比べ相続、贈与に対しても有利となっています。現金等の金融資産は預貯金の金額そのものに税金が課せられますが、マンション等はこれと異なり、建物部分は購入価格の50パーセント、土地部分は公示価格の約80パーセントが相続税評価額となっており、借入金がある場合は、相続者がその肩代わりを行う事を条件に無税で贈与されることもあります。賃貸使用している物件であれば借家権割合と借地権割合が適用され、評価額が下がり相続税が安くなります。住宅ローン使用時には契約者にもしもの事があった場合に加入する生命保険があります。その為、もしも契約者に何かあった時には残金が保険により相殺され、家族にマンションを残すことができます。ローン返済後は家賃収入が収入源となり安定した経営が行えます。

株式会社エスライズ・エージェンシー
http://www.esrise.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 代々木上原 ディナーの本格的なイタリアンを楽しみたいのならアンミラートをおすすめします。イタリア本場…
  2. お店を経営するにあたって、会員の管理はとても大事であることから、会員証は必須なもので、来店の促進のた…
  3. 秀光ビルドはさまざまな商品ラインナップを用意しています。こちらではそれぞれの家族が理想の暮らしを実現…
ページ上部へ戻る