カメラに命を賭ける村瀬孝司

村瀬孝司は現在スポーツ関係の仕事をしています。この仕事はスポーツを通してたくさんの人を幸せにする仕事で、彼自身非常にやりがいのある仕事だと感じています。しかしその傍らで、村瀬孝司は将来的な目標をひとつ持っているのです。

この目標というのはとても大きなもので、村瀬孝司はいつか世界一のカメラマンになりたいと考えているのです。これを達成するために、これまで村瀬孝司はたくさんの場所を冒険してきました。例えば、ヒマラヤの山に行ったりするのがその代表的なところでしょうか。ヒマラヤは実際のところ山の中でもとても過酷であって、登ることについては命の危険を覚悟しなければならないくらいの場所だということです。ただ、その山頂から見る景色はとても素晴らしいものがあるということで、それを期待して今も登山者が耐えないというわけです。

彼は、カメラに対して命をかけています。ですから、たとえそこで命を落としても悔いはないと考えているのです。実際に毎年何人もの人が登るのを断念しているということですが、彼はいまだに登頂を失敗したことがないといいます。これはものすごい記録であるといえるでしょう。こうした絶景の場所の撮影をすることこそが村瀬孝司の生きがいであり、全てをかけているということで、そこには何の迷いもないのです。

もしも村瀬孝司に少しでも迷いがあれば、今頃彼はこの世には存在していなかったかもしれません。ですが確固たる目的があって、それを実現しようとする気持ちがあるというのは、とても大きな力になるということです。そういう力が働いたことによって、今まで無事でいられているのでしょう。

実は彼は、近々個展を開きたいと考えています。個展を開くことによって、人々にたくさんの知らない景色を見てもらいたいという理由からです。自分が撮った作品に対して評価を求めているというわけではなくて、あくまで自分が目にしてきた素晴らしい景色をより多くの人に示したいという話です。それがあるからこそ、村瀬孝司は常に頑張ることが出来ているわけです。

これからも彼は山に登ることや、そこで出会った景色を撮ることをやめることはないでしょう。この苦しみを含めたいろいろな経験があってこそ、人々に多くのものを見せることが出来ると彼は語っています。今後彼がどのような活躍を見せるのか、そして世界一のカメラマンになれるのかということについては大いに注目が集まるところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. お店を経営するにあたって、会員の管理はとても大事であることから、会員証は必須なもので、来店の促進のた…
  2. 秀光ビルドはさまざまな商品ラインナップを用意しています。こちらではそれぞれの家族が理想の暮らしを実現…
  3. ベル・テック株式会社は、江戸川区 リサイクルを担当している会社です。リサイクルできるものをしっかりと…
ページ上部へ戻る