中込直樹が紹介する山梨県の防災

山梨県の防災のマニュアルを作成している

中込直樹は、防災について真剣に考えています。
たとえば、避難所運営マニュアルを用意しています。日本では、いつどこで災害が起きるのか分かりません。特に地震大国の日本において、東海地震や中央地溝帯(フォッサマグナ)などによる地震に対する備えは、山梨県の最重要事項です。

突発的な災害の対処には、マニュアルを用意しておくことが大切。
山梨県ではマニュアルを作成して備えています。

マニュアルでは、災害時の避難場所について、地域の人達が自主的に運営していけるように指針やノウハウを設けています。
緊急的に避難所を運営しなければならなくなった時、役立ててもらおうと考えているのです。この自治体主導で作られたマニュアルによって、地域の防災力の向上に貢献しています。
災害時の避難所は、普段は学校や公園として利用されています。
通常時と機能が違う避難所は、いざとなればとても重要な役割を果たすことになります。もしもの時に備えて、避難所となる施設に物資を備蓄しておくこが大切です。
それぞれの地域の状況に適した運営マニュアル。
適切なマニュアルがあれば、ある程度秩序だった行動が取れるようになります。避難所の運営体制の構築をスムーズにするため、山梨県はマニュアルの基本モデルを定めています。
中込直樹はこのような試みをとても評価しています。

山梨県は防災のアクションプランを示している
中込直樹が調べてみると、山梨県には防災についてのアクションプランが示されていることが分かりました。
アクションプランとは、行動の計画書のこと。
2003年3月に、山梨県は「やまなし防災アクションプラン」を策定しました。このアクションプランによって、今後山梨でどのような防災施策が取り組みがはじまるのかが分かります。
アクションプランにしたがって、さまざまな取り組みを実践していくことで、山梨県を災害に強いエリアにできるのです。
中込直樹がやまなし防災アクションプランを確認してみると、とても信頼のおけるものだと思いました。
注目するべきは、山梨県の峡南地域と中北地域において、防災アクションプランがそれぞれ別に用意されているところ。地域特性に合わせた最適なプランが想定されているのです。
アクションプランにおいては、さまざまな施策が示されています。
耐震化の対策、富士山火山噴火の対策、そのほか水害や土砂災害への対策なども含まれます。さらには緊急時のエネルギー供給のことや帰宅困難者への対策、災害時の保険医療体制についても、言及されています。
災害時に発生するあらゆるインフラ危機などに対して、やまなし防災アクションプランでは多角的に想定されています。
中込直樹は、山梨県で災害が発生した際の対応策を真剣に考えるようになりました。
どうすればよいか。また、なにをしなければならないのか。
故郷・山梨県の「やまなし防災アクションプラン」を知ったことをきっかけに、中込直樹は災害に対する意識を新たにしたのでした。

山梨県は防災について真剣に考えている
中込直樹の調査によると、ほかにも山梨県では防災に対する取り組みを真剣に検討しているようです。
たとえば、防災のために作られたハンドブック。
このハンドブックは、Webサイト上で確認できます。日頃の防災について、具体的にどのような備えをしておけばよいのか教えてくれています。
ガスや電気、道路、住宅など生活にかかわるライフラインを中心に、多岐にわたる項目についてQ&A形式で情報がまとめられています。中込直樹は、参考にして自宅の防災用品を充実させました。
また、山梨県特有の災害として雪の問題があります。
過去に山梨県は、豪雪によって孤立してしまったことを期に、山梨県道路除排雪計画が策定されるようになりました。
山梨県道路除排雪計画によって、万が一豪雪にみまわれたとしても、慌てることなく対策を講じられるようになったのです。まさに、過去の災害の経験が活きています。
山梨県は自然が豊かな土地。
だからこそ起こりうる自然災害もたくさんあります。山梨県は自然を侮ることなく、災害対策を進めています。
中込直樹が伝えたいのは、これから山梨県で生活をしようと思っている方やすでに住んでいる方には安心してもらいたいということ。災害に対する万全な体制を整えているのが山梨県なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. ベル・テック株式会社は、江戸川区 リサイクルを担当している会社です。リサイクルできるものをしっかりと…
  2. ある程度インターネットの知識がある人で、ホームページを作成できる人はいるでしょう。しかしながら、セン…
  3. 牧野奏子はフリーランスの美容ライターです。経歴としては、慶應大学を卒業したのち、大手化粧品会社に就職…

アーカイブ

ページ上部へ戻る