廣瀬光伸はラグビー経験がある

1990年、新潟県に生まれた廣瀬光伸は、高校まで新潟県で過ごし、進学をして他県に移りました。大学は日本体育大学で、学生時代はラグビーをしていました。勉強に、そして運動にと学生生活を有意義に過ごしていました。思春期を過ぎた頃、視力がだんだんと悪くなり、今では眼鏡をしています。しかし、この眼鏡はラグビーによって鍛え上げられた厳つい体つきには全くあっておらず、そのちぐはぐな姿をみているとなんだか可愛らしく感じてしまいます。

そんな廣瀬光伸には意外な趣味があります。それは映画鑑賞です。彼がこれまで観てきた映画は数多くあり、作品の種類には統一性はありません。それは、とにかく自分が観たいと感じた作品をすべて観るのが廣瀬光伸のポリシーによるものです。さらに、どんな映画でも劇場までいって観ています。そうしたこだわりはさすがであると感じます。廣瀬光伸の趣味が映画というのは意外な感じがしますが、最近はジムに通うことも趣味としています。昔鍛えた体をさらに向上させているのです。彼は何か好きなことを始めると集中してしまいます。映画鑑賞でも映画を観ているときには本当に真剣な表情をしますし、完全に内容に引き込まれている感じがします。何事においても途中で投げ出すことができない性分なので、通い始めたジムでも自分を追い込みながら体をつくっています。また、人当たりがいいので、周囲の人々が話しやすいところもあって、彼は沢山の人から信頼されています。また、物怖じしない性格なので、そこも人に頼られる部分ではないでしょうか。

がっちりした体つきをしているので、一見怖そうにも見えますが、実際話をしてみると、かなり優しい人だということがわかります。廣瀬光伸は6人兄弟の末っ子です。地元である新潟県に帰れば兄弟達と昔の話をして盛り上がります。彼は実家でも人気者なのです。他の兄弟達からは特別かわいがられてきましたし、末っ子ながらの要領の良さもあって兄たちからも頼られる部分があります。基本的には、彼は人から相談を受けても断ったりはしません。彼はどんな人に対しても誠実に接しますし、面倒な物事でも頼まれればやり遂げる人間です。そんな彼だからこそ周りの人々もつい頼ってしまうのでしょう。

彼には、人を引き付ける要素が十分にありますし、それは決して偽っているものではありません。それどころか、彼自身が自発的に誰かのために何かをするということを楽しみとしているのです。これまで新潟県で生まれて兄弟たちと過ごしたことや、大学でラグビーをしたことから精神力を養ってきました。その精神力を持つ彼にしかできないことが、まだまだたくさんあります。周りの人間から頼られる彼の人間性は、人々の憧れでもあり、彼のようになりたいと思う人も非常に多いのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. トヨタカローラ北越が地元の人々からとても高い信頼を集めている理由はシンプルです。その理由はトヨタカロ…
  2. ゲームをしながら視聴者と一緒に楽しい時間を過ごしている動画配信者が増えています。最近はスマホのアプリ…
  3. 東堂一義は、今流行のロードバイクにはまっています。始めたきっかけはダイエットと運動不足の解消のためで…

アーカイブ

ページ上部へ戻る