エス&ケイ(株)の通信事業は集団訴訟とは無縁

通信販売でたくさんの皆様から支持されている化粧品販売の会社はエス&ケイ(株)と取引を行っています。化粧品やそれらに関連する商品は直接肌につけるものですから成分を公表することは会社の責務です。この会社はアレルギーや肌荒れを起こす要因となるものについはできるだけ排除して化粧品をつくっていますが、品質保持のためにどうしても使用しなくてはならない防腐剤や保存料等の成分があれば包み隠さずすべての成分を公表しています。これは消費者の安全を守る企業の責任であると同時に集団訴訟対策の一環でもあります。集団訴訟対策といえば国や大手企業にしか関わりのないものとお考えの方もいるかもしれませんが、昨今インターネットやテレビ、ラジオショッピングで気軽に商品が入手可能になったことから、一般の小中規模企業でも軽視できない問題になっています。また訴訟を起こす方も起こされる方も決して得はないのですから、企業責任としての方策を日ごろから実践していることは消費者にとっても企業にとっても利益につながります。

この会社のようにすべての成分を公表するためには自社の商品について徹底的な研究をしていることが必須です。そのためには多くの費用がかかりますが企業努力としてはずせない部分です。化粧品は直接肌に使い毎日使用するものだからこそ安全でなければなりません。エス&ケイ(株)と取引しているこの会社は創業以来、日本人の肌に合い潤いを与え美しく見える化粧品の開発をしてきましたが、それ以上に化粧品の成分にこだわりアレルギーや肌荒れを起こさない安全なものを第一に商品開発をしてきました。そこには消費者の健康第一の姿勢が貫かれていたからこそです。

しかしながら消費者の健康や安全を軽視して売り上げだけを伸ばせればよいと考える会社も未だ少なくはありません。身近なところではそれを怠ったある会社が口コミで広がった自社の商品をテレビや広告で宣伝し多くの販売実績を残しました。ところがたくさんの利用者が甚大なアレルギー被害や肌荒れ被害に遭い集団訴訟に発展しました。集団訴訟といえば大手企業が国を相手取り失策、失政を認めさせ責任をとらせ賠償金を獲得するものという認識を覆し、どのような会社も集団訴訟の対象になりうるということを証明しました。そしてどのような会社も消費者に対して責任を負うべきものであるということも明らかにしました。そして、どの企業でも対策が必要であると認識しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. マンションやアパート経営は、入居者を集めたり日頃の運営管理をしたりするなどと、行う業務が多く、労力が…
  2. 近年、企業の職務における役割に、感情を重視する傾向が高まっています。アメリカの心理学者、ポール・エク…
  3. 通信販売でたくさんの皆様から支持されている化粧品販売の会社はエス&ケイ(株)と取引を行っています。化…
ページ上部へ戻る